ぐんま

太田のウィリアムズバーグのかき氷は大きくてさわやかだった。

最近、かき氷にハマりつつあるので、自分の住んでいる太田市のかき氷屋に行ってきました。

行先は、2019年にオープンした、ウィリアムズバーグです。

果物系のメニューが多く、かき氷も大きくて、おいしさと冷えの両方をたのしめるいいお店でした。

ネットでしらべてもあまり情報が出てこなかったので、行った時の記録を残しておきたいと思います。

店名:WilliamsBurg(ウィリアムズバーグ)

住所:群馬県太田市飯塚町1581-3 シミズアパート 1F

まずはインターネットで予約しよう

コロナ禍ということもあって事前にインターネットでの予約が必要になります。

予約サイト(ご予約内容の選択|WilliamsBurg (airrsv.net))は、公式ツイッターのプロフィール欄からアクセスできます。

ちなみに予約画面は、

こんな感じです。

自分の行きたい時間を選んで予約しますが、夏なだけあって、土日の予約はすぐに埋まってしまいますので早めに予約するのがおすすめです。

ちなみに僕は平日に行ったので、当日の朝でも予約できました。

5名様以上は2枠、お一人様2杯以上の方は1時間枠を取るというルールがありますので気をつけましょう。

店舗で好きなかき氷を注文!

店舗は、太田の街中の道路に面しています。

駐車場は、店舗横の脇道に入ってすぐの所にありますが、あまり広くないので注意が必要です。

スペースとしては4台分くらい。僕はミニバンで行ったのですが、幅もちょっと狭くて駐車するのにすこし緊張しました。

オーダーは、自分で注文したいかき氷を紙に書いて注文するシステムでした。

シャインマスカットカスタードを注文

シャインマスカットカスタードシャインマスカットカスタード 1000円

 

夏らしいさわやかな酸味を味わいたいと思い、シャインマスカットカスタードを注文。

たっぷりのかき氷の上にカスタードがかけられていて、上にはシャインマスカットがのせられています。

そしてカスタードのかかったかき氷の中には、

ぶどうシロップが眠っています。

このかき氷、カスタードのパンチの利いた甘味、シャインマスカットの上品な甘み、ぶどうシロップの酸味と3種類の味が楽しめて、量は多いですがまったく飽きがきません。ガッツガッとスプーンでかき氷を掘りながら一気に食べてしまいました。

まとめ

35℃をこえると、本当にかき氷がおいしく感じます。とくに果物系は酸味が汗をかいた体にしみわたるので、さっぱりとして涼しくなります。。

ウィリアムバーグでは洋風の創作かき氷もあるので、今度はそっちの方を食べてみたいです。

ABOUT ME
たんぺい
ぐんま在住。30代。 「日常をちょっとだけ楽しむ」をモットーにブログを書いています。 ブログのメインテーマ:ぐんま、雑記、発達障害、サウナなど

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です