発達障害

ショートショート 「書類はいつもどこかに消える」

ちょっと、ちょっと、話を聞いてくれ。
あのさ、俺さ、昔から紙が苦手なんだよ。紙の野郎が大の苦手なんだよ。

お前さん、いきなり何言ってんだこいつと思ったね。いきなり現れて、紙が苦手とかわけわからんこと言いやがってと思ったね。

たしかにお前さんの言い分もよく分かる。

いきなり話を聞いてくれとか、紙が苦手だとか言う野郎は怪しすぎるし、なんなら通り魔みたいで、めちゃくちゃ怪しい。

俺が逆の立場だったら、大声上げてるね。
そして、シャツとパンツを脱ぐ。

襲おうとしていた相手が、いきなり服を脱ぎだしたらビックリするだろ?

ビックリさせて、その隙にイノシシのような速さで逃げるってわけさ。

おっと、話がそれてしまったな。

俺は不審者かもしれないが、害はないし、危害をくわえる気もない。

というか、害といえば紙の野郎だ。紙の方が100万倍ひどい。

まあいい。ちょいとばかし、俺と紙にまつわるエピソードを聞いとくれ。

紙のとのはじめての出会いは小学校だった。

そりゃあ、奴も最初は友好的だったさ。南国アイス白熊みたいな真っ白な顔で、どうぞご自由に使ってくだせえっ、見てくだせえって感じでな。

最初は、俺もコイツと仲良くできそうだって思ったんだよ。
だってさ、ホワイトだよ。信用するしかないじゃん。

信用情報も白だったら、住宅ローンも通過だろ。それと同じで、白だったら無条件に信用しちまう。

でもよ、あいつ何の連絡もなくいきなりいなくなんだよな。学校から一緒に帰ってたいはずなのに、家に着くといねえんだ。

ほんとうに困った野郎なんだよ。

え、なにが困るのかって?

あいつさ、先生からの情報を預かってんだよ。で、その内容を俺は知らないわけ。守秘義務ってもんだろうな、紙しか知らねえ何かがあるんだよ。

でもさ、なぜかお母さんは俺が情報を持っているとかんちがいして、こう言うんだよ。

「先生からなにか預かっているもの、あるでしょ?」

いやいやいや、なにも預かっていねえよ。俺が預かっている情報なんてねえよ。先生からの情報は紙が預かっているにきまってるんだからさ。だから、俺もこう返すしかないんだ。

「俺はなにも預かってないよ。」

でもお母さんも思い込みの激しいところがあるから、また聞いてくるわけさ。

「預かってないわけないでしょ。紙はどこ?」

本当、しつけえよな。
知らないものは知らないからさ、俺もこう言うんだよ。

「どっかにいった。」

そうすると、お母さんはゴリラみたいに鼻の穴を大きくして、犬みたいにハッハッしながら、こう言ってくるわけさ。

「紙が勝手にどっかいくわけないでしょ!嘘はつかないで!!」

もうさ、お母さんもヒステリーとしか言えねえよな。俺は事実を伝えてるだけなのによ。

もうこうなっちまったらなにも聞いちゃくれねえ。ゴリラと犬のキメラアントになると、お言葉が通じなくなっちまうんだよ、俺のお母さん。

もうどうしようもないよ。

で、お母さんからは逃げるしかないんだが、その時に役立ったのが不意を突く戦法さ。

シャツとズボンを1秒で脱ぐと、お母さんはびっくりして、「あ゛ぎぎぎぃ゛い゛い゛」と王を腹から生みだしそうな声を出すんだけど、その隙に逃げるってわけさ。

で、なんで紙の話をしてるかって?
なんか会社で書類を提出しろとかって言われたんだよ。

しかも、紙の野郎またどっか行っちまったみたいだ。20年間まったく成長しない困ったやつだよ。また俺が怒られちまうよ。

もし会社の奴らに怒られちまったら、シャツとパンツを脱いで、イノシシのように逃げるしかないよな。

はあ……。

ABOUT ME
たんぺい
ぐんま在住。30代。 「日常をちょっとだけ楽しむ」をモットーにブログを書いています。 ブログのメインテーマ:ぐんま、雑記、発達障害、サウナなど

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です