発達障害

ADHD啓発月間おわり。いつかインタビュー記事を書きたい

ADHD啓発月間は10月だったけど、記事を書き終わらなかったので勝手に延長していたが、ようやくこの記事が最後。

もっと丁寧にADHDのことを解説したいと思っていたのだけど、知られていないことってそんなにないんですよね。

あとは自分の経験を棚卸ししながら考えるしかないわけなのだけど、自分の経験もそんなにない。さらに仕事も家庭の困難も乗り越えられていないので、自分を題材にできるネタもそんなにない。

発達障害というナイーブなことを書く以上、せめて本に書かれていることくらいは取り込みたいと思っていたのですが、どの本も同じようなことが書かれていることが多かった。

本に書かれていることをまとめると、自分と向き合い特性を把握して、制度をうまく使いながら、職場・家庭の理解を得て、環境調整しようということになります。

発達障害の権威である本田先生が言うように、趣味もしくはやりたいことを軸に人生設計を考えるというのが、自分にとっては合っている考え方なのですが、そこに至る道のりについて悩んでいるのが現状なんですよね……

勉強や仕事で自分の本当に「やりたいこと」ができれば、それはそれでよいことです。でも、そうでなくても、問題ありません。自分の「やりたいこと」を中心にして人生設計ができていれば、それでよいのです。大切なのは「やりたいことを人生の中心に据えているかどうか」です。


ブログを書いているうちに自分のことはわかってきました。ブログで書いた文章が、自分の居場所になるので、メンタルにもいいということもわかりました。

ただ、もっと、当事者のエピソードが欲しいなと思いました。ひとりの考えだけだと、すぐ限界がきてしまいます。

もっと他の人職場や家庭での困難を乗り越えたエピソードとか、やっているライフハック、どういう特性の凹凸で苦労しているかとか、どういう職業が向いているとか、具体的な当事者のエピソードを知りたい。

発達障害といっても、特性にバラつぎありすぎるので、一概にこういうものが役に立つということは言えないけど、いろんな人のエピソードがあれば、その中から取捨選択して、自分に反映できるような気はしています。

なので、今後というか、いつになるかは分かりませんが、将来的には発達障害当事にインタビューして、その記事をブログに載せていきたいなと思います。

僕にとっても他の人にとっても励まされたり、参考になるような記事をつくりたいです。

まあ、インタビューする相手はおそらくTwitterで探すことになるのでしょうが、みなさん裏アカですし、入れ替わりも激しいので、話を聞かせてもらえるか分かりませんが、とりあえずやってみたいです。

発達障害の困りごとは大きいのですが、そのことばかり考えていると飽きてしまうし、疲れるので、チョコレートでも食べてしばらくのんびりとしようかなと思います。

どうやっても発達障害はなくならないので、環境を調整しつつ、色んな人と交流して、自分の視野も広げていきたいです。

すこしずつ、数年経ってわかるレベルでもいいので、前に進んでいければなと思います。

 

ABOUT ME
たんぺい
ぐんま在住。30代。 「日常をちょっとだけ楽しむ」をモットーにブログを書いています。 ブログのメインテーマ:ぐんま、雑記、発達障害、サウナなど

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です