発達障害

イヤなことについて、日記を書くと感情がすこし安定するという話

外には出さないもののイライラしやすく、内側に感情をためてしまうタイプだ。

電気の消し忘れやエアコンの消し忘れを注意されたり、冷静に相談をしても聞いてもらえなかったり、人の悩みをみんな一緒と過小評価されたり、お願いされてやりたくもないことをやったのにダメ出しされたりするとものすごくイライラする。

イライラが始まると、その怒りに注意が固定されてしまって、しばらく切り替えできず何も手につかなくなるし、怒りに注目しているうちに、自分の内側で怒りが増幅されていくってさらにイライラするしで、かなりのストレスになる。

たとえ、切り替えが終わった後も、ふとした拍子で思い出してしまって、イライラしはじめることもある。怒りという感情は本当に厄介だ。

他の人を見ていると、そこまで感情にとらわれず、うまく切り替えられているようなので、不思議で仕方がない。

自分の場合、外に出すほどのエネルギーがないので内側に溜め込んでしまうのだけど、これを続けていくとかなりメンタルにダメージが蓄積されるみたいだ。

イライラを他人にぶつけたりせずに内側に感情をぎゅうぎゅうに押さえ込んでしまえば、それはうまく対処できてることだと思っていた。

ただ、適応障害になったことで、嫌なこととそれに付随する感情を無視してしまうことは、イライラへの根本的な解決になっていないことに気づいた。

感情を抑えたあと、サウナに入って、頭を真っ白にしてストレスを解消していたのだけど、そのイライラと同じようなシチュエーションが発生すると、前にイライラした時のことを思い出すことが多く、感情を自分の内側の奥底に追いやることの効果はあまりなかった。

というか、思い出の怒りと目の前の怒りがかけ算されて、さらにメンタルへのダメージが増すことが多かった。

感情を忘れるようにするというのは、自分には向いなかったみたいだ。

「まず、感情の増幅を止めたい」

そう思って、はじめたのが、自分がどういう時に、どんなイヤな感情を抱くか、書いてみることだった。

具体的には、会社イヤなことがあると、隙を見て、iphoneのメモ帳に、

「得意先へ上司を同行させるときにナビを使って、裏道を使わなかったことで嫌味を言われた。結果は変わらないのに、細かすぎてイライラする」

「初めてのことだったから、取り組む前に相談したのに、どうすればいいか考えてみろと言われ、取り組み方や考えてることを言ったのに全然ダメだと言われた。自信満々の上司のいう通りにやって失敗して、また全然ダメだと言われた。全く理解できない。失敗するなら自分のやり方でやりたい。相談する時間が無駄」

というようなことを書くようにしたのだ。

これが、自分にはかなり効果があった。

イヤな気持ちはなくなりはしないものの、怒りの増幅という現象もなくなったし、同じようなことが起こっても、「この前のこれと同じパターン」と認識できるようになったおかげで、怒りのフラッシュバックがおきず、冷静になれるようになった。

なんというか、自分の中にあった大きなモヤモヤの塊が、外に出ていくことで、これはこれくらいの大きさだったんだなとわかる。

塊を目にすることで、「このモヤの塊はそんなに大きくなかったんだな」と認識できるイメージだ。

不思議だけど、人間は目に見えないものを過大に不安視する傾向があるので、イライラも同じなんだろうなと思う。

もちろん、これはあくまで暫定的な処置なので、イライラが増えるとどうしようもないのだけど、イライラに注意が固定される時間はすくなくなったのでよかったと思う。

ちなみに、感情を吐き出すのにツイッターやnoteを試したこともあったけど、これは自分には向いていなかった。

ツイッターやnoteの場合、誰かしらの反応があるので、その反応を見ることで、向き終わったはずの自分のイライラに再び注意が向いてしまうし、承認欲求を得られてすこしスッキリするせいか、逆に自分からイライラの種を探してしまうこともあった。

公の場で吐き出すことでスッキリする人もいるし、共感できる内容に限れば、そういった人の吐き出しを見るのは僕も嫌いではないのだけど、自分が公の場で吐き出すのは向いていなかった。

まあ、ADHDだから注意されることはなくならないので、本当に暫定的な対応でしかない。

根本的な解決は、環境を変えること。

どこを妥協して、どこを譲れないラインにするか、溜まりに溜まったメモを見返すことで、次の職場を選ぶときの参考になってほしいなと思っている。

ABOUT ME
たんぺい
ぐんま在住。30代。 「日常をちょっとだけ楽しむ」をモットーにブログを書いています。 ブログのメインテーマ:ぐんま、雑記、発達障害、サウナなど

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です